インド人エンジニアの特徴である高い技術力

IT業界の人材確保の手段として、海外からやって来た技術者を採用するケースが多いです。
しかし発展途上国から来た技術者は、必ずしも技術力の面で水準を満たしているとは限りません。
一方、海外から来日する技術者の中でもインド人エンジニアの場合、高い開発技術力を持った人材が豊富にいるのが特徴的です。

インドはIT大国として成長を遂げ優秀な人材を世界に送り出していることから、海外からの技術者でもインド出身者であれば日本人技術者と遜色のない技術開発の働きが可能です。
そのため日本人技術者は、これからインド人エンジニアを新たなライバルとして認めなければなりません。
日本人技術者ばかりに気をとられて競争をしていると、その間にインドから来日してきた技術者に仕事のチャンスを奪われかねません。

しかし日本人の技術者の中には、発展途上国出身だからと海外の技術者を軽く見て油断している者も少なくありません。
すでに世界のIT事情は変わりつつあり、日本人であっても技術力を磨かなければ競争に負ける恐れがあります。
そのため、これまで日本人技術者とばかり技術開発の情報交換を行っていた者も、これからはインド人エンジニアとの交流も積極的に行い、仕事に役立つ開発ノウハウを学ぶ心掛けが必要です。
国籍の分け隔てなく、様々な技術者と頻繁に交流の機会を持つ日本人の技術者は、技術面で他の日本人エンジニアに対して有利な立場に立つことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15